管理会社の中でも評判の高い日本ハウズイング【迅速な対応が魅力】

メリット等を考える

婦人

家賃債務保証とは、近年賃貸住宅を借りる場合に増えている保証システムです。一般的に家を借りる場合には、万が一家賃が払えなかった場合などに備えて連帯保証人を立てます。ただし高齢者や、外国人等で身内を連帯保証人としてたてられない場合や、身内がいない場合などでは家を借りられなくなってしまいます。そういった方の救済制度としてこの家賃債務保証制度があります。これは簡単に言えば、保証会社が連帯保証人の代わりをするという事で、賃借人が家賃を滞納した場合などはこの保証会社が立て替えて支払うシステムです。逆に保証会社は賃借人に滞納分を請求する事になります。借りる側は賃料の50%程度を最初支払います。この保証人制度を利用しなければ賃貸に申し込みが出来ないなどの弊害もありますが、逆に大家である賃貸人はこの制度を利用する事で家賃の回収のトラブルが軽減できるなどの利点があるため、選択する方は増えています。保証会社は独立系と信販系に分かれますが、保証会社も申し込みする人の審査をします。通常はそれで終わりですが、信販会社で申し込みを行った場合は、CICやJACCのような信用情報機関の中身まで見ますので、若干審査は厳しくなります。家賃債務保証は審査もそれだけしっかりとしてくれるということなので、安心して貸すことが出来るようになります。家賃債務保証サービスを行っている不動産業者や物件は多いので、いろいろ相談してみる事をおすすめします。